伝えていいの

――度数にしたら必ずしもいまだに短い。
「よし、谷部ちゃん。ビール」
「ありがと。お使い頼んで悪かったな」
何ウィークかに一度の土日、私陣は揃って動画を見分ける。部分は私の広間で、観る動画は彼が日雇いあとからDVDを借りて来て得る。
早速彼が買ってきたビールを、彼が持って来たゴブレットに入れて飲んで見る。
「上手くない?」
「美味いよ」
「じゃあなんでそういう仏頂面で飲ん生じるんですか?」
「幹(みき)さんの言った町。まんまと美味しいからムカついてんだよ」
「何ソレ」
笑う彼。無視して私は動画を治癒しようとすると、
「ええ、眼鏡。動画ん時は掛けるんでしょ?」
「あ、なるほど。ありがと」
心からぐっすり気が利くヒューマンです。しかも眼鏡を張る仕草がびいきですとかいう。
私より5つも年下なのにな。そういった乳幼児は必ずや主人にも――
「私が好きなのは、谷部ちゃんが眼鏡を賭ける仕草だから」
「……なにこれ。大笑いヒューマン」
不思議なヒューマンです。私は幹さんと並んで動画を観てるのに、動画よりも幹さんのことを指し過ぎて、時として彼のお客ばかり見てしまう。
おや、こんな事考えてる私ってヤバいのか?
ガイド作品は富士山ひょうたちゃんの作品。
動画の趣味が通じる箇所から知り合い、土日に二人で動画を観る箇所にやる谷部と幹。
幹は谷部よりも5つも年下ながらもヌルヌル気が利く上述、妙に谷部に好感を寄せておるみたいだった。
そんな中、幹が谷部に白状した箇所から関連は激変。ただの動画観覧身の回りだった系から、二人はカップルに。だが二人は男子同僚です。一筋縄ではいかない異性、ヤキモキ……お互いの将来は?
レディース向けのTL作品ですね。というかBL作品ですか。談話序の口しかモデルでは確認できませんが、ゆるやかにBLくさい拡大へと発展していきます。
個人的に蝿が非常に憧れだ。線が細く、それでいて中性的顔立ちのイケメンお互いがキャラクター。華麗じゃないですか。しかもクール谷部と、気くばりの取れる幹様。お似合いのカップルですよね。
とうに何も厄介なんて薄いんじゃ~と思いきや、そんなことはなく、二人にはちょい飛び越えねばならない視点が山積み。付き合いだしたばかりのBLカップルの未来、どうしてもご自身の目で確認してみてください!
特に、正邪一度、モデルを読んでみてください!後悔しないデキだ!
福島県の興信所

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。